忍者ブログ
三日坊主な日々のことや、手づくり市のことなどなどなど~
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 『ぐるぐる』
四ツ足、または二ツ足で人の如くふるまひ、ぐるぐるぐると巻く
猫のやうに陰にひそみ、じっと見ている
いつの間にやら其処におり、いない


「ぐるぐるだ・・・」
「は?」
「ぐるぐる、なんだってよ」
「だから、なんですか、それは」
 最近、この辺りに引っ越してきた男は、何が何やらわけが分からず、ただ、先ほどから耳馴染みの無い[ぐるぐる]という単語に、戸惑うばかりだ。オロオロと顔色を伺い、この地方の方言かなにかなのかと問う。
「お前、ぐるぐるを知らないのか」
「えー、知らないのぉ?」
 米屋の息子や、神社の娘が、そんなことも知らないのかと小馬鹿に笑った。酒が入っているからか、気づかう様子は欠片も無い。そこへ、助け舟を出したのは、寺の息子だった。男の持つコップに酒を注ぎ、昔ばなしを話しだした。
「街から来たアンタには突飛な話だが、この辺りには、ずっと昔から妖が出るんだ」
「あ、あやかしぃ?」
 今度は、男が馬鹿にする番だった。競争や喧騒に疲れ、夫婦ともに逃げるようにしてこの田舎に移り住み、




うわ、中途半端だ
お腹がすいて力が出ないので、
また改めて編集し直します~
PR
『ぐるぐるといふもの』

 たった数年、離れていただけなのに、こうも懐かしい思いがするのはどうしてだろう。嫌いで飛び出した畑や田んぼが、野や山のにおいが、不思議と懐かしい。
 身勝手な自分を呼び戻したのは、縁を切ると言っていた両親だった。久々の対面に、こんなに頼りない人たちだったのかと驚いた。逃げるようにして出て行ったあの時の面影は、全く無い。どこか怯え、そして疲れ切っていた。
 否、
 本当に呼び戻したのは、あの時に、たった一人だけ味方をしてくれた兄だった。兄は今、
「出してやれないのか」
「・・・あいつが、出てこないのだ」
 庭の片隅にある土蔵を見上げると、明り取りの窓から、うっすらと光が漏れているのが見えた。兄は今、その中にいる。精神を病み、母屋で生活することができなくなったと聞いている。詳しくは教えてくれず、ただか細い声で泣きながら「帰ってきて」と電話口で訴える母の声にたまらず、急いで身支度をして駆けつけたのだった。
「いったい、何が原因なんだ」
 泣きはらした目を伏せる母は、すすり泣くばかりだ。顔すら上げてもらえないのを苛立ちながら、それではと、あんなに嫌っていた父に問うた。父も、大切な兄を救えないことが歯がゆいらしく、気丈な人だったろうに、今は疲れ果て目元には深いしわが何本も刻まれていた。ぐっと噛みしめる口元は、あの時のように固く引き結ばれている。いつもであれば、勝手にしろと逃げ出すところ、今回ばかりはそうもいかなかった。頑固者であろうが、話してもらわねば此処へ帰ってきた意味が無いではないか。
「・・・」
「・・・」
 長い沈黙が続く。母はまだ泣いており、嗚咽も混じるようになってきた。話してくれる気配が無いのであれば、あとはもう、兄本人に聞くしかない。
 縁側を降り、裸足のままで土蔵へ向かう。
「おい!」
 そこで、ようやく父の声を聞いた。何、構うものか。そのまま進もうとしたところ、どこにそんな力を残していたのか、いつの間にか駆け寄った母親に強く腕を取られ、危うく転びそうになってしまった。
「やめてぇ、今日はそっとしてあげてぇっ・・・」
 まるで悲鳴のようだった。いったい、兄はどうなってしまっているのだ。こうまで人を心配させる人ではなかったはずだ、さっぱりわからない。まるで駄々っ子のように泣きじゃくる母に逆らえず、引きずられるようにして、ゆっくりと母屋へ戻された。
 そこへ、父がぽつりと、吐き捨てるようにして言葉を漏らした。

「ぐるぐるだ・・・」




続く
ぐるぐるねこを題材とした本を作ろうと思い立ち、
はや数カ月・・・

「表紙の紙を楽紙館で買った以外、何も進んでへんやん!」

ってなわけで、少しずつでも草稿を書いて行こうかと~
全然更新していないブログを使って、苦肉の策であるよ

牛の歩みのごとくですが、
出来上がる間まで、しばしお目汚し失礼~

『ぐるぐるといふもの』

はーじまーるよー
こよみ
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ぐるぐるねこ屋
性別:
非公開
自己紹介:
【出店情報】
8/30(14:00-20:30)
愛知-豊川稲荷「豊川きつね祭」

9/5(15:00-30:30)
京都一条通-大将軍八神社「モノノケ夜市」

【一部作品販売】
京都一条大将軍商店街
「八幡屋」様

京都上賀茂御園橋ちょい西
「イヌ・ネコ 手づくり雑貨のお店 REN」様

【期間限定委託販売】
8/14-25
東京‐東急ハンズ渋谷店「渋谷モノノケ市」
最新コメント
[04/10 しまず]
[04/09 しまず]
[10/13 茫屋]
[10/01 ぐるぐるねこ屋]
[09/26 amibozu]
[09/14 ぐるぐるねこ屋]
[09/14 さくら]
[06/11 amibozu]
[03/19 amibozu]
[03/17 さくら]
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]